保険見直し本舗川崎港町イトーヨーカドー店で保険相談や見直しをした口コミと評判

神奈川県

保険見直し本舗川崎港町イトーヨーカドー店の住所と電車やバス、車でのアクセス

保険見直し本舗店川崎港町イトーヨーカドー店の住所

〒210-0807 神奈川県川崎市川崎区港町12-1 イトーヨーカドー川崎港町店1F

川崎市にある保険見直し本舗川崎港町イトーヨーカドー店は、京急大師線「鈴木町駅」から徒歩1分と駅からアクセスしやすい店舗です。

約1000台を停められる駐車場も用意されており、30分200円から利用できます。

またイトーヨーカドー内の店舗を利用した場合は3時間まで駐車料金が無料になるサービスを実施しています。

保険見直し本舗川崎港町イトーヨーカドー店の特徴

ファッション・食品・各種専門店などが入った川崎港町イトーヨーカドー店の1階に店舗を構えています。

営業時間は10:00~20:00までですが、イトーヨーカドーのスーパーなどは22:00まで開いているため、保険の相談をした後に買い物などを楽しむことも可能です。

店舗は白とオレンジを基調とした、明るい印象の店舗で、店舗入り口には各種保険会社のパンフレットが設置されているので、まずはパンフレットから見てみたいという人にとっても立ち寄りやすい造りになっています。

相談ブースは3つ設けられており、ブースの間には通路や仕切りが設けられているので、相談者のプライバシーに配慮がなされています。

女性スタッフも常駐しており、相談者への親身な対応で評判の店舗です。

保険見直し本舗川崎港町イトーヨーカドー店の口コミと評判

これまで、主人の会社の付き合いや、私のお友達との付き合いで沢山の保険に加入してきました。

一つ一つの保険料自体はさほど高くはないものだと認識していましたが、最近保険の更新で保険料が上がってきており、かつ主人がまもなく定年を迎えるということもあるので、ここで一度保険の見直しをして老後に備えたいと考えました。

いつも買い物に行くイトーヨーカドーに保険の見直しを無料で実施してくれるところがあったと思い、保険見直し本舗に予約をとりました。

来店して、まずアドバイザーの方に、現状夫婦で加入している保険がそれぞれどういったものなのかを説明していただきました。

見直しをしてもらっている中で最初に指摘を受けたのは主人の死亡保険です。

今まで一家の大黒柱として家計を支えてもらっていましたが、子どもがまもなく独立ということもあり、これまで通りの保障が必要なくなるといわれました。

しかし、私の中で保障を本当に減らしていいか躊躇していたところ、アドバイザーの方からは、主人や私が定年で職を離れ収入が減る中、逆に高い保険料を払い続ける方がデメリットになることを、資料を使いながら説明していただき、納得できたので、必要最低限の保障内容に切り替えることに決めました。

逆に医療保険に関しては定期型の保険が満期を迎えてしまうため、新しく終身型の保険への加入を勧められました。

個人的にも国民健康保険だけでカバーしきれるか不安だったので、いくつか保険商品をピックアップしていただきました。

退職後に保険料を支払い続けるのが金銭面的に不安ということをお話すると65歳までに保険料を払い込めばその後保険料を支払う必要なく、保障が一生続く商品を紹介してくれました。

50代からの加入となり、月々の支払は少し大変になりますが、老後への不安を先に払拭できると考えると、多少なりとも貯蓄があり余裕があった私たちにとっては良い提案でした。

必要ない保障と必要な保障を的確に指摘してくれたので、無料とは思えない充実した相談になりました。

また何かの時は相談に伺いたいと思います。

50代女性

第一子を授かり、子どもの将来のことを考えて学資保険に加入したいと思い、保険見直し本舗に来店しました。

1つの店舗で複数の保険会社の商品を扱っているとのことだったので、色々な保険会社の学資保険を比較したいと考えていた私たち家族にとってぴったりの店舗でした。

今まで保険については、妻も私も深く調べたことはなく、「学資保険は早めに加入したほうがいい」くらいの知識しかなかったので、相談したアドバイザーの方には1から保険について説明してもらいました。

私たちの中で、大学入学にあたっての資金を賄うために学資保険に加入したいと考えていました。

そうするとアドバイザーの方からは資金を準備するという考えならば、学資保険だけでなく、普通に貯蓄して貯める方法、ジュニアNISA・低解約返戻金型終身保険など様々な方法があることを教えてもらいました。

私たちの中で、教育資金と言えば学資保険という考えしかなかったので、他の方法を教えてもらえたことは勉強になりました。

その中で、学資保険で教育資金を貯めるメリットは、自分たちが必要な時期に必要な金額を低コストで用意できることだということでした。

私たちが想定していた通り、大学入学の際や、高校や中学入学などの節目で少なくはないお金の用意が必要になりますが、その支払いタイミングの際に必要な金額をしっかりと受け取れること、そして子どもが小さいうちに加入することで、月々の積立金額が少ない中でほどほどの返戻金(今は返戻率がそこまで高くないので大幅な値上がりは期待しない方が良いといわれました。)が受け取れるそうです。

しかし、もちろんデメリットもあり、途中で解約してしまうと元本割れを起こしてしまうこともあるため、満期までしっかりと積み立てていくことが重要と伺いました。

他の教育資金の用意する方法についてもメリットとデメリットを伺った上で、私たちは学資保険で手堅く資金を用意することにしました。

万が一私が働けなくなった場合には、保険料を支払わなくて済む保険料の払い込み免除特約や育英年金特約がつけられるのも加入の決め手になりました。

保険料の支払い方法なども、子どもが小さいうちに早く払い込むことで返礼率を高められることや、外貨建てで運用して円建てよりもリスクはとりつつも運用実績を高められる可能性があることなど色々な情報を聞くことができました。

私たち家族にぴったりの学資保険を選ぶことができて、とても頼りになるかたと巡り合えたと思いました。

今後も末永いお付き合いをしていきたいと思います。

30代男性

20代後半は、結婚・出産と家族構成に大きな変化があり、自分自身の働き方や今後のライフプランニングなどを再度考え直さなければならないことが多々ありました。

特に子どもが生まれてからは、子どもの教育資金はもちろん、万が一主人が倒れた場合の生活費の確保なども必要だと思い、将来を見据え一度保険を見直したいと考え、プロに相談したいと考えるようになりました。

すると、保険見直し本舗では各種資格を持った方に無料で相談ができるとホームページで確認がとれたので、連絡をとってみました。

まだ子どもが小さいことを伝えると、自宅まで担当の方が来ていただけるとのことだったので、お願いしました。

子どもを横で遊ばせながらじっくりと保険の相談ができたので、子どもが小さい方には自宅での保険相談をお勧めします。

具体的にこれからどういった保険に追加で加入すべきか、または今の保険を見直すべきかということが漠然としている状態だったので、アドバイザーの方に自分たちのこれからの収入や、ライフスタイルなどのヒアリングをしてもらった上で、保険プランをいくつかシュミレーションしてもらいました。

その中で、私が一番必要だと感じたのは医療保険でした。

今まで私たち家族は主人の死亡保険だけ加入していたのですが、20代や30代のうちは死亡するリスクよりも病気になるリスクの方が高いことを教えてもらいました。

説明を受ける前は、普通に国に健康保険料を支払っているため、それで賄えるのではないかと考えていましたが、国の保険では賄えない治療があることや、入院費のなかでもベッド代などは自己負担になることなど、民間の医療保険に入ったほうが得ということを知りました。

また、主人の中ではもう少し経ってから保険に加入してもよいのでは、と考えていたそうですが、例えば、今から保険に加入した場合と50代になってから加入した場合の保険料の試算をしてもらったのですが、今から加入していた方が、100万円ほど保険料がお得になることが分かったので、早期に加入することにしました。

自分たちだけの視点では気づかなかったことなので、相談して正解だと思いました。

保険商品だけでなく、ライフプランからしっかりと相談に乗ってもらえたでのとても頼りになりました。また保険を見直す際はお願いしたいと思います。

20代女性

妻と離婚し、男手一つで子どもを育てていくこととなりました。

そのため、もし自分に万が一のことがあったとしても子どもがしっかりと生きていけるようにするために、今まで加入していた保険を一度見直したいと考えました。

どこから手を付けて良いか分からなかった際に友人から保険見直し本舗のことを教えてもらいました。

仕事帰りでも営業していたので、非常に助かりました。

アドバイザーの方にどの保険に加入すべきか聞いたところ、自分が死んでしまった場合の死亡保険・自分が働けなくなった場合の就業不能保険・しっかりと資産を残せる貯蓄性がある保険という3つの視点からアドバイスを頂きました。

死亡保障に関しては、必要だとは思いつつ、まだまだ自分が死ぬイメージがなかったので、今まで加入をしていませんでしたが、万が一のことのリスクなどを踏まえることの重要性や、そんな死ぬイメージがなくとも、終身型の保険にすると万が一のことが起こり、お金が必要になっときは解約すると解約返戻金が戻ってくるため、貯蓄の意味でも加入したほうがいいとのことでした。

元気に働けるうちに貯められるだけ貯めようと思いました。

また、子どもに使わなくとも自分の老後の生活資金の準備にもなると伺い、子どもが独立した後のメリットがあることなども加入の決め手になりました。

次に就業不能保険というものは初めて聞いたのですが、万が一病気が長引いてしまった場合でも月々一定の金額が受け取れるとのことだったので、貯金が目減りする心配がなく、かつ保険料も月々2000円くらいだったので、掛け捨ての保険ではありますが、加入することに決めました。

さらに、子どもの教育資金の確保のために遅ればせながら元本割れの心配がないことと、単に貯蓄していくよりも返戻率はよかったので学資保険にも加入することに決めました。

あと数年したら学資保険自体に加入できなくなっていたので、このタイミングで相談に伺って良かったです。

色々と相談して、予定よりも時間がかかってしまいましたが、その分しっかりと説明をうけられたので、納得のいく保険の加入ができました。

40代男性

保険見直し本舗川崎港町イトーヨーカドー店の近隣店舗

神奈川県にある保険見直し本舗は全部で22件です。

その中でも、川崎港町イトーヨーカドー店の近隣にある店舗を紹介します。

○川崎大師島忠ホームズ店

〒210-0818 神奈川県川崎市川崎区中瀬3-20-20 島忠ホームズ川崎大師店2F

京急大師線東門前駅から徒歩5分と駅からアクセスしやすい店舗です。

車での来店も安心の大型駐車場が用意されており、駐車料金は無料です。

店舗は、青と白を基調とした落ち着いた雰囲気の店舗で、相談ブースの近くにキッズスペースも用意されているので、お子様連れでも安心して来店することができます。

乳がん触診キットも設置しています。

スタッフは、保険相談業務を担当して6年を迎える経験豊富なスタッフが在籍しているため、相談者に対してベストな提案をすることが可能です。

○ウィングキッチン京急川崎店

〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子1-3-1 ウィングキッチン京急川崎4F

京浜急行電鉄京急川崎駅からは直結、JR東海道本線・JR南武線川崎駅からは徒歩1分と、川崎のターミナル駅から来店しやすい店舗です。

専用の駐車場の用意がないため、車で来店する場合は、近隣の駐車場を利用する必要があるので、注意が必要です。

店内は白を基調とした清潔感のある店舗で、相談ブースは3つ用意され、ブース同士は通路や仕切りで区切られているので、相談者のプライバシーに配慮がなされています。

また、おもちゃが備え付けられたキッズスペースが相談ブース近くに用意されているので、子どもを遊ばせながら保険の相談をすることができます。

川崎市の在住者はもちろん、横浜市、稲城市、調布市、狛江市など近隣市区町村への訪問による無料保険見直し相談も実施しています。

SNSでシェアしよう!